オフィスの中に会議室としてあまり使用頻度が低いスペースがあるとしたらとてももったいないスペースです。

効率的に活かす オフィスと会議室の関係
効率的に活かす オフィスと会議室の関係

オフィス内の会議室はもったいないスペース

自分のオフィスの空間利用として、会議室というのは使用頻度はどれくらいなのか把握する事によって、より経済的に節約する事ができます。一日の仕事の中で、会議室という空間は使っていない時間が結構あるものです。一週間に一度など少ない頻度や、人数に対して広すぎるスペースを常に確保している状態は経済的に効率が良いとは言えません。

そこで、私は貸会議室をお勧めしたいと思います。貸会議室というのは、オフィスビルなのどワンフロアまたは数室の部屋を一般に貸し出しているスペースの事です。一般に貸し出しているというのは、そのビルにテナントとして入居していなくても、もっと言えば県外からでも予約して必要に応じた広さの部屋を必要な時間だけレンタルするシステムの事です。設備的にも机やいす、空調設備などは当たり前のようについていますが、音響設備や映像設備、インターネット環境もそろっている所が多いので、パソコンを使用してのプロジェクター上映や、インターネット回線を使っての会議など最新の快適な環境の中で会議が行えます。

この貸会議室の最もメリットとなる所は、必要な時に必要なだけレンタル出来るという点になります。その時だけ、レンタル用を支払えば会議費用は大した額にはなりません。もし、自分の会社で会議室としてもったいない使い方をしているスペースがあるのならばもう一度見直してみる必要があると思います。使用頻度の低い会議専用スペースとして維持していくか、生産性のあるお金を産むスペースにするかどちらを選ぶかは考えるまでもありません。

優良ブックマークやその他おすすめ

Copyright (C)2018効率的に活かす オフィスと会議室の関係.All rights reserved.