オフィスで会議室が必要になったとき、オフィスフロアを拡張するのではなく、会議室を借りる方法もあります。

効率的に活かす オフィスと会議室の関係
効率的に活かす オフィスと会議室の関係

オフィスのコスト削減に貸し会議室

会議室を使う確率の低いオフィスの場合、あるいは利用する時期の決まっているオフィスの場合は、自分のフロアに会議室を置くよりは、会議室をレンタルするほうがコスト削減に繋がります。例えば、新人教育や研修のためだけに会議室を使う場合、利用は一時的なものですよね。そのためだけに会議室を持っていると、オフィスワーク用のフロア面積が削られます。普段から会議室を使っているフロアでも、一時的な利用のために会議室が必要となったからといって、増やすよりもレンタルするほうがコスト削減になると思います。このようなやり方をしているオフィスは、都心部にはけっこうあると思います。調べてみると自分のオフィスの近くに貸し会議室をやっているビルはあるのではないでしょか。

都心部で貸し会議室が増えたのは不景気になってからだと思います。というのもオフィスを維持していくことができなくなった企業が増え、撤退してしまうからです。そうなったとき、ビルの持ち主は新しい借り手を捜さなくてはなりません。でも、もともとが不景気ですからなかなか借りてが現れない…そんなとき、ワンフロア全てを貸し出すのではなく、フロアの一部を会議室として貸し出す時間貸しの方法に踏み切ることになったのでしょう。一方の企業側は時間でスペースを借りられるとありがたいわけで、需要と供給がマッチした、しかも日本経済の状態に即した方法だと思います。もし会議室の不足に悩むオフィスがあれば、スペースを一時的に借りるという案を検討してみてはいかがでしょうか。

優良ブックマークやその他おすすめ

Copyright (C)2018効率的に活かす オフィスと会議室の関係.All rights reserved.