会議室がステキな会社というのは往々にして、センスの良いオフィスといえましょう。貴方の会社の会議室はいかが?

効率的に活かす オフィスと会議室の関係
効率的に活かす オフィスと会議室の関係

会議室が良いとオフィスワークが楽しくなる

会議室がステキな会社というのは、往々にして、オフィス全体もステキであることが多いです。そして社員の人々もどことなく、それを誇りにしているようで、やる気満々、生き生きとお仕事をされているようにお見受けします。大体会議室がステキな場合は、ちょっとセンスのよい家具が入っていたり、機能的に優れている、といった事が上げられると思います。例えば、先日私がお伺いした企業では、オフィスの中にちょっとしたミニバーのような、水道と冷蔵庫がついていました。お客様に冷たい飲み物をすぐおだししたり、手を洗いたい時にすぐにそうできるようになっているようです。どうやらこの会議室はわりと接待にも使えるタイプの会議室のようでした。

同じ会社の別の会議室は、主に、社員の人同士が会議をする会議室があり、そこは壁がすべてガラス張りでした。これは意味のないだらだらした会議をしない、という意味で、ガラス張りにしてあるのだ、と教えてもらいました。社員同士、衆人環視の中で会議といったかんじですが、それだけに見られているほうも居心地が悪いのか、会議がすぐに終わるようになって効率的になったそうです。そんな会議室でも気をつかっているのが、オフィス家具だそうです。オフィスの家具は体によくフィットするものをえらんでいるそうで、万が一会議が長引いた際でも、お尻や背中が痛くなる、という事は無いそうです。こんなに気遣いのある会社ならオフィスでの会議がちょっと楽しくなるし、やる気がでて生産性があがりますね。

優良ブックマークやその他おすすめ

Copyright (C)2018効率的に活かす オフィスと会議室の関係.All rights reserved.